デリケートゾーン専用石鹸ランキングはココをクリック

陰部の臭いの種類と特徴

陰部の臭いの種類と特徴

陰部の臭いには大きく分けて、酸っぱい臭い・生臭い臭い・アンモニア臭があります。

実は臭いによって種類や特徴も異なります。

あそこの臭いは放っておくと、気付かない間に性病が進行したり、パートナーに移してしまう可能性があるので危険です。

ここでは、あそこの臭いについて、さらにあそこの臭いを抑えるデリケートゾーン専用石鹸も紹介していきます。

是非、参考にしてみてください。

まだあそこのケアしてないの?
【今から始めるあそこの臭い対策】デリケートゾーン専用石鹸人気ランキング

酸っぱい臭いはオリモノが原因

あそこの臭いとして多くあげられるのは酸っぱい臭いです。

ヨーグルトやチーズのような発酵した・腐ったような乳製品の臭いがします。

酸っぱい臭いはオリモノが原因と言われています。

また、酸っぱい臭いの正体は体の中にある乳酸菌です。

酸っぱい臭いを消す石鹸を見てみる

膣の中には、乳酸桿菌というカラダに良い菌がいて、グリコーゲンを材料にして乳酸を分泌。
この乳酸のおかげで、膣の中は、他の細菌が繁殖しづらい酸性度の高い環境(pH4.5~5.0位)に保たれているんです。

オリモノに臭いが無いという人もいますが、オリモノの臭いが酸っぱいのは、必ずしも膣が異常事態というわけではありません。

この酸っぱい臭いは膣の状態が正常であるといえます。

魚っぽい生臭さは性病の可能性がある

魚っぽい生臭い臭いがあそこからする場合は、性病の可能性が高いといえます。

考えられる性病は、カンジタ膣炎、淋病、トリコモナス膣炎、細菌性膣炎などがあげられます。

性病は放っておくと、不妊・早産流産・パートナーへの感染など様々なリスクが付きまといます。

このような生臭い臭いだけではなく、性交痛や下腹部痛、排尿痛など、他の症状が出る場合もあります。

ですが、生臭い臭い以外他の症状が全く出ずに、気付かない間に性病が進行し、重症化してしまう場合もあります。

性病が疑われる場合は、病院でしっかりと検査を受けるか、性病検査キットを使用することをおすすめします。

あそこが臭い時に疑うべき可能性がある性病とは
あそこが臭い時に疑うべき可能性がある性病とは

アンモニア臭はおしっこが原因

アンモニア臭は、残尿や汗によって起こります。

アンモニア臭は、あそこがおしっこ臭い状態です。

しかし、ただの残尿だけではなく、肝臓に何らかの異変が起こっている可能性もあります。

血中のアンモニアを分解しきれていない

アンモニアというのは、普段食事をするだけで、常に体内で発生しています。

体内でアンモニアを分解する作用が働くことで、肝臓がアンモニアを尿素に変え、尿として体外へ排出されます。

アンモニアの分解において重要な臓器は、肝臓です。

肝臓がうまく働いていないと、血液の中にアンモニアが残ってしまいます。

アンモニアは体にとって有害です。

さらに、臭いにも重要な関係があり、アンモニアが血中に残ることで、アンモニア臭があそこから臭ってしまう原因となります。

あそこの臭いだけではなく、体全体・口の中からアンモニア臭がしてしまう場合もあります。

尿が拭き取れていない

アンダーヘアは、男性女性に関わらず生えている人が多いです。

アンダーヘアに、拭き取りきれなかった尿が残ってしまい、アンモニア臭がしてしまうことがあります。

生理中のかぶれや臭いの原因として、アンダーヘアの手入れ不足があげられています。

アンダーへアに残った尿が、下着についてしまい、雑菌が増えます。

この状態でいると、よりアンモニア臭や気になる臭いがあそこから出てしまいます。

脱毛サロンで女性から人気なのが、アンダーヘア部分の脱毛です。

毛量を整える、範囲を狭める以外にも、ハイジニーナ脱毛といってアンダーヘアをすべて無くす状態にする女性もいるようです。

このアンダーヘアの脱毛によって、臭いが抑えられたという効果が出る場合もあります。

【アンダーヘアが臭い?】デリケートゾーン脱毛とあそこのニオイの関係性

股間に汗がかきやすい

股間は非常に汗をかきやすく、蒸れやすい部分です。

さらに、デリケートゾーンと言われているように、非常に繊細で、雑菌も多く潜んでいます。

実は股間には汗をかきやすくしてしまう特別な汗腺があります。

あそこが汗臭い時の予防方法は蒸れを解消すること!
あそこが汗臭い時の予防方法は蒸れを解消すること!

デリケートゾーンに多く分布しているアポクリン腺という汗腺からは、脂肪やアンモニアなど雑菌にとって栄養豊富な汗が分泌されます。
そして、雑菌が繁殖しやすい環境としては、栄養があることに加え、高温と多湿が挙げられます。
デリケートゾーンでは、高温と多湿の条件を崩すことは難しいので、いかに栄養を与えないかというところで対策をしていくことになります。

股間は、下着で覆われているため蒸れやすく、雑菌の宝庫です。

股間は常に清潔な状態を保ちましょう。

夏の汗をかきやすい時期や、運動をした後、尿漏れなど下着が汚れてしまった場合は、頻繁に下着を変えるという対策が有効です。

偶然その日に臭かっただけなのに、すそわきがだと思われてしまうかもしれませんのでこまめに着替えましょうね。

デリケートゾーン用石鹸について

普通のボディーソープや石鹸であそこを洗ってしまうと、刺激が強すぎて逆効果になってしまうことがあります。

さらに摩擦で傷がついてしまうこともあるため、臭いや汚れを落とすために通常の石鹸で強くこすって洗うことは、とても危険です。

まだあそこのケアしてないの?
【今から始めるあそこの臭い対策】デリケートゾーン専用石鹸人気ランキング

デリケートゾーン用石鹸を使う

デリケートゾーン用の石鹸は、普通の石鹸と大きく異なります。

デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすい場所ではありますが、洗い流してはいけない菌も生息しています。

なるべくデリケートゾーンを洗うときは、汚れや臭いを落とし、肌には優しい、専用石鹸を使用しましょう。

洗い方として一番大切なのは、とにかく優しく洗うことです。

デリケートゾーンは、非常に摩擦に弱いので、ゴシゴシこすって洗ってしまうと、新たに雑菌が入ってしまったり、かゆみやかぶれが起きる場合があります。

さらに、膣はとても繊細で複雑な臓器です。

膣の中に指を入れてかき出すように洗うのはやりすぎなので、外側を丁寧に洗うようにしましょう。

あそこの洗い方を理解して臭いや痒みを抑えよう

オススメのデリケートゾーン用石鹸

デリケートゾーン用の石鹸はアソコの洗浄をすることができます。

皮膚は敏感な部分ですので成分や使用方法はしっかりと守りましょう。

わき用やニキビ用も肌に優しいからと言って使うと失敗することもあります。