デリケートゾーン専用石鹸ランキングはココをクリック

膣の保湿方法を間違ってはいけない。正しいデリケートゾーン保湿はコチラ

膣の保湿方法を間違ってはいけない。正しいデリケートゾーン保湿はコチラ

あそこのケアを怠っていると、膣が劣化して干からびてしまいます。

これは、ある程度年齢を重ねて性交渉をしていない方や、閉経後などに起こる症状です。

もう一度あそこのケアについて考え直して見ましょう。

また、若い女性でも乾燥が原因で肌の痒さなども発生してしまいます。

あそこが乾燥してしまうととても痒くなってしまいますが、堂々と人前でかくわけにはありません。

その痒みと不快感を我慢することはとても辛い状態です。

さらに、かいてしまうと、肌に傷がついてしまったり、あそこの黒ずみの原因にもなります。

デリケートゾーンは性器があるため、とても重要で大切にしなければいけない部分です。

乾燥もあそこにとっては悪影響で、正しい洗浄や保湿を行う必要があります。

この記事では、デリケートゾーンの乾燥原因や対策・保湿について紹介します。

是非参考にしてみて下さい。

乾燥の対策方法(保湿の方法)は日頃のデリケートゾーンケアが重要

デリケートゾーンの乾燥の原因は、大きく分けて2つあります。

1つ目の原因としては、デリケートゾーンの間違った洗浄方法を行っていることです。

2つ目は、萎縮性膣炎になっている可能性が考えられます。

どちらも、デリケートゾーンの日々のケアが大切です。

日頃からデリケートゾーンケアをする

フェイスラインのお肌ケアを毎日行っている女性は多いと思います。

今は女性だけではなく、男性もいらっしゃいます。

洗顔をして、化粧水をつけて、乳液をつけて、美容クリームやパックのスペシャルケアをして・・・顔専用の化粧品を使用し、当たり前に行っています。

同じように、デリケートゾーンも専用のケアを毎日することをオススメします。

しかし、普通のボディーソープを使用してしまうと、デリケートゾーンにとっては刺激がかなり強くなってしまいます。

今はデリケートゾーン専用ソープ、オイル、クリームなど、種類も多くでています。

香りやテクスチャーも様々なので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

>>今話題のデリケートゾーンケアグッズを見てみる

洗い過ぎはあそこの乾燥に繋がる

あそこの臭いや汚れを気にしてしまい、ゴシゴシと強く洗い過ぎてしまう人がいます。

強く洗うと肌が摩擦によるダメージを受けます。

また、摩擦というのは、乾燥の原因です。

デリケートゾーンの正しい洗浄方法を簡単に説明します。

商品に使用方法が書いてある場合はそちらを優先しましょう。

  1. 基本的にはソープをしっかりと泡立てましょう。
  2. モコモコの泡で包み込むように洗うと、要らない摩擦が減ります。
  3. そしてとにかく丁寧に洗浄しましょう。
  4. 丁寧に優しく洗浄することが基本です。
  5. 膣や性器部分に直接スポンジで洗ってしまうと、接触や刺激が強すぎてしまいます。
  6. 手で洗うことが重要ですが、膣に指を入れてしまうと爪などで傷ついてしまうことがあります。
あそこの洗い方を理解して臭いや痒みを抑えよう

敏感肌だと自覚がある場合は他の要因も考える

脂性肌・乾燥肌・混合肌・敏感肌など、肌には様々なタイプがあります。

デリケートゾーンも同じように、肌のタイプがあります。

自分で敏感肌という自覚がある人は、乾燥について色々な要因を考えてみましょう。

ナプキンを使うとあそこが蒸れて臭くなってしまうけど、対処方法はありますか?

生理用品はどのようなタイプを使用していますか?

生理用品は、紙ナプキンが一般的ですが、湿気がこもってしまったり、化学繊維によりかぶれを起こしてしまったりする人がいます。

そういう人にとっては、布ナプキンもオススメです。

布ナプキンは、再利用できるのでエコであり、将来的に考えるとかかるお金も抑えられます。

デザインも可愛らしいものがたくさんあり、オシャレに選ぶことができます。

人気の布ナプキンのメリットと紙ナプキンを比較してみた。

あそこの乾燥の原因

そもそもあそこの肌というのは非常に薄く、デリケートです。

刺激や乾燥に弱く、性器部分にも近いため、デリケートであると同時に非常に重要な場所です。

さらに、敏感肌・乾燥肌体質の人にとっては、普通の人よりも乾燥しやすい状態となります。

生理用品でかぶれてしまう人もいるため、かぶれが乾燥の原因となることもあります。

さらに、下着の素材選びも重要です。

下着は毎日デリケートゾーンにふれていて、摩擦も起こります。

できれば綿素材で通気性がいいものがおすすめです。

下着の摩擦だけではなく、あそこの洗浄方法を間違えてしまい、無駄に摩擦をうんでしまっている場合があります。

あそこは丁寧に優しく洗浄することが基本です。

萎縮性膣炎の場合

萎縮性膣炎という症状を聞いたことがあるでしょうか?

これは、女性ホルモンのエストロゲンの低下により、膣の壁が薄くなってしまい起こる病気です。

萎縮性膣炎の説明や、乾燥との関係について簡単に解説していきます。

萎縮性膣炎の原因

加齢により、エストロゲンという女性ホルモンが低下していきます。

閉経が起こってしまうことは良く知られていますが、加齢により萎縮性膣炎が起こってしまうことがあります。

さらに、ストレスも大きな原因となります。

加齢だけではなく、過度のストレスやダイエット、生活習慣の乱れが原因で、若い女性でも起こってしまう人もいるようです。

【加齢が原因】30代、40代から始めるデリケートゾーンケア
【加齢が原因】30代、40代から始めるデリケートゾーンケア

萎縮性膣炎の症状

萎縮性膣炎の症状は、人によって異なり、多くの症状があります。

萎縮性膣炎の症状の一例

性交時・性交後・排尿中の痛みや痒み、膣の乾燥があります。

その他、合併症になってしまうこともあります。

萎縮性膣炎の対処方法

もしかして、自分は萎縮性膣炎かも?と思う場合は必ず病院へ行くようにしましょう。

正しい検査や治療を行わないと、別の病気に繫ってしまう恐れもあるため注意です。

あそこの乾燥は臭いには直結しない

必ず知っておくべき事

あそこの乾燥とあそこの臭いが直結すると勘違いしている人がいますが、そういうわけではありません。

むしろ、あそこの臭いを気にしすぎて、臭いを消したいと洗いすぎてしまい、デリケートゾーンが乾燥してしまうという悪循環がうまれてしまうこともあります。

デリケートゾーンを正しく洗浄しないことで、あそこ本来が持っている自浄作用や免疫力が低下してしまうという場合もあります。

あそこの臭いは汗や皮脂のほうが関係が深い

あそこの臭いというのは、乾燥よりも汗をかいて蒸れてしまう、皮脂でべたついてしまうという、乾燥とは逆の場合に関係が深いです。

よって、あそこの汗や皮脂をデリケートゾーン専用ソープでしっかりと洗い流すことが大切です。

デリケートゾーン専用ソープには、保湿成分や美容成分も含まれているため、乾燥とも無縁です。

>>おすすめのデリケートゾーン専用石鹸を見てみる

まとめ

普段のスキンケアと同じように、あそこのケアもしっかりと行うようにしましょう。

正しい洗浄・保湿を行うことで、あそこの臭いや乾燥を防ぐことができます。

さらに、あそこの黒ずみ対策もできるため、デリケートゾーンの美容にもつながります。

美容だけではなく健康のためにも、デリケートゾーンのケアは日々行っていきましょう!