デリケートゾーン専用石鹸ランキングはココをクリック

陰部のニキビのような白いできものの原因や対策について徹底解説

あそこのニキビのような白いできものの原因や対策について徹底解説

ふと自分の陰部を見た時、気付くと股部分や陰部にプツッと白いできものが出来ていた。

ニキビのようにも見えるため、放っておくとそのまま治るのではないかと放置してしまうという人が非常に多い症状。

さらに、クリトリスの脇の部分にできものができてしまったという場合もあります。

ニキビと同じように、化膿や炎症を起こし、腫れ上がって痛くなることもあります。

また、放置しておけば治る事もありますが、症状が慢性化してしまうリスクも潜んでいます。

しかし、陰部にできるニキビのようなできものは陰部のケアをすることで予防や改善が見込めます。

なぜなら、陰部にできるニキビのようなものはあらゆる要因で引き起こされた陰部の乾燥が原因で起きている事がほとんどだからです。

そこで、この記事ではニキビのような陰部のできもの対策方法についてご紹介します。

陰部にできる白いニキビのようなものは何?

そもそも、陰部のニキビとは一体どのようなもので、どんな原因でできるのでしょうか?簡単に説明していきます。

陰部の白いニキビの原因はこれ

ニキビと聞くと、ただの肌荒れで放っておけば治ると思っている人も多いかと思います。

もちろん、顔などにできるニキビはクリームをちょっと塗って放置しておけば治ることも多々あります。

しかし、陰部のニキビは少しニキビとは違う特徴があり、このまま放っておくと悪臭の原因になることもあります。

陰部にできる白ニキビのようなものは、肌の汚れなどからくる乾燥が原因となっている場合がほとんどです。

陰部のニキビは、専用のクリームを使ってあげるとズムーズに解消する事が期待できます。

このままじゃヤバい??陰部の白いニキビの恐怖

陰部にできるニキビのようなできものの原因は、黄色ブドウ球菌や緑膿菌などがあげられます。

これは脱毛によるダメージやターンオーバーの乱れ、洗い過ぎによる免疫力の低下で雑菌が繁殖した結果、肌の乾燥に陥っている状態です。

放っておくと悪臭がするかもだから注意!

陰部のニキビが化膿性汗腺炎の場合ワキガに近い臭いがする事がある

化膿性汗腺炎は、アポクリン汗腺が多い部分に起きる炎症です。

このアポクリン汗腺は汗が多く出る、ワキ・陰部・乳首など限られた部分にしかありません。

つまり、スソワキガに近いような臭いの状態です。

脱毛をしている場合毛嚢炎の可能性がある

毛嚢炎は、毛包炎とも呼ばれ、陰部のできものの原因として特に多いのが毛嚢炎です。

毛嚢炎は、毛を剃ったり抜いたりしている人、脱毛サロンに行った後などに毛穴に負担がかかったり、傷がついてしまったりした時に起きやすいと言われています。

さらに、女性は生理やおりもの量が多いとき、ナプキンやおりものシートを使用しますが、通気性が悪くジメジメと湿った状態になってしまうため、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

下着の中の環境は思っている異常に劣悪な環境となっています。

このように様々な条件が重なることによって、毛嚢炎になりやすくなってしまいます。

ここまでのまとめ
  • 白いできものなどの陰部のニキビはトータルすると乾燥が原因
  • 陰部のニキビは放置しているとスソワキガの臭いがする事がある
  • 毛嚢炎の場合、肌が清潔に保たれていない可能性が非常に高い

乾燥してニキビができる

陰部の白いニキビの対処法は保湿ケアが断然オススメ

ニキビの対策にはご存知の通り保湿ケアが断然おすすめです。

なぜなら自己処理によるダメージ、皮脂の毛穴詰まり、ターンオーバーの乱れ、洗い過ぎなどからくる乾燥を防ぐ事が最善策だからです。

陰部の保湿には専用クリームがおすすめ

陰部は他の部分の肌とは違って肌がとても弱く敏感です。

つまり、肌荒れを起こしやすく、ニキビができやすいのです。

そしてケアクリームなどを塗るといい影響も出やすい分、悪影響も出やすいような特徴があります。

ですので、陰部のニキビを改善するには、陰部専用のニキビクリームを使う事をおすすめします。

どんな事よりとにかく保湿

ニキビの原因として最も大きなものは乾燥です。

肌を常に保湿しておく事で肌の状態を健やかに保つ事ができます。

どんな対策をするよりもまずは保湿ケアをする事をおすすめします。