あそこの臭い対策グッズランキングならココ!!詳しくはコチラをクリック!!

      2017/05/28

あそこの臭いとたばこの喫煙は関係しているの?

 

タバコを吸っている人の中で、体臭が気になるという人は多いのではないでしょうか?

タバコを吸っている人用の消臭剤や口臭を抑えるタブレットなども販売されているほどです。

タバコを吸うことで、体臭が強くなる「ノネナール」という物質が多く分泌されてしまいます。

タバコそのものの煙の臭い・汗や皮脂の臭い・血行不良による体臭など、タバコと体臭は大きく関係しています。

ここで気になるのが、タバコと体臭の関係はなんとなく予想できますが、タバコの臭いとあそこの臭いは関係あるのかということです。

実は、タバコとあそこの臭いは関係しているんです。

タバコを吸った後に手を石鹸でしっかり洗ってうがいをすればタバコの臭いは消えるなんて思っていませんか??

この記事では、タバコの喫煙とあそこの臭いの関係性について、詳しく説明していきます。

喫煙者の特徴

喫煙者の特徴には、体力の低下や、腸内環境の悪化など、悪い共通点が多くあります。
それらが、あそこが臭くなるきっかけの一つとなっているのです。

つまり直接的な関係はなくても、関節的に、何らかの影響を与えている可能性があるということです。

>>おすすめのケアグッズを見る

タバコにより体力が低下している

体力が無い人は、すぐにハァハァと息があがってしまう印象があります。

人間は肺呼吸なので、肺がしっかり機能していなければ息が切れてしまいます。

肺で酸素を取り込むので、肺が傷んで細胞が破壊されてしまうと、体力は低下してしまいます。

喫煙をすることは、肺にとって悪影響しかありません。肺はいわば換気扇のフィルターと同じ役割です。

しかし、肺はフィルターのように掃除をしたり取り換えたりすることはできません。

考えただけでも恐怖が押し寄せてきませんか?

体力だけではなく免疫力も低下する

さらに、タバコに含まれる物質には、ニコチンといった有害物質が含まれており、体力だけではなく免疫力まで低下してしまいます。

免疫力が下がることで体が弱りオリモノが異常に発生したり、あそこが臭くなってしまうことがあります。

つまり、間接的ではありますが、タバコとあそこの臭いは関係しているということです。

この種のあそこの臭さはデリケートゾーンケアをすることで解消が望めます。

>>おすすめのケアグッズを見る

受動喫煙の恐怖

タバコを吸っていない非喫煙者の人にとっては、関係の無い話だと思っている人もいるかもしれません。

しかし、タバコを吸っていなくても、タバコを吸っている人の煙を吸うだけで、喫煙をしている人と同じような悪影響を受ける場合があります。

タバコを吸っている人の煙を副流煙と呼び、その副流煙を吸ってしまうことを、受動喫煙といいます。

直接タバコを吸うよりは害は少ないものの、体には十分悪影響を与えてしまう可能性がありますので注意が必要です。

腸内環境が悪く乳酸菌が破壊されてる

腸内環境において、乳酸菌が存在することはとても重要です。

健康のためにヨーグルトやドリンクで積極的に乳酸菌を補給している人もいます。

しかし、タバコを吸うことで、腸への血流が悪くなってしまいます。

これにより、腸内環境に悪影響を及ぼし、大事な乳酸菌が破壊されてしまいます。

ノネナールが生成されやすい状態

ノネナールという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ノネナールは、加齢臭・体臭・口臭のような臭いの原因であり、体を酸化させる作用があります。

タバコを吸うと、身体はノネナールが生成されやすい状態になってしまうのです。

酸化というのは、実は臭いの原因になります。

生理の時、経血には臭いがする時がありませんか?
実は、経血自体には臭いがありません。

経血が酸化してしまうことで、生臭い・酸っぱいような臭いがするのです。

つまり、日頃からデリケートゾーンケアをしておくことで酸化が起きにくい状況にできるのです。

>>おすすめのデリケートゾーンケアグッズを見る

タバコとあそこの臭い

タバコとあそこの臭いにはどのような関係があるのでしょうか?

結果的におりものが増え、あそこが臭くなる場合がある

タバコを吸うことがあそこの臭いに、直接的な影響があるとは言い切れません。
しかし、間接的に関係があることは事実です。

タバコを吸う→免疫力が低下する→オリモノが増える→あそこが臭う、という流れがあります。

オリモノが異常に出てしまう原因の一つに、免疫力の低下があるというのは、別の記事で紹介しています。

オリモノが出てしまうのは、女性にとっては良く起こる状態です。
オリモノは、膣内環境を整えるために分泌されますが、オリモノの量が増えたり、臭いがキツくなったりしてしまうと、性病になっている可能性があります。

タバコが引き金になり他の病気が起こった結果臭くなるということもある

ある研究データによると、タバコを吸っている人は吸っていない人に比べて、細菌性膣炎になりやすいという結果が出ました。

この細菌性膣炎は、他からばい菌が入り感染する性病ではありません。

細菌性膣炎は、他の性病に比べて症状が出にくい病気です。

しかし、細菌性膣炎が発症することでオリモノから悪臭がする場合があります。

細菌性膣炎は、妊娠している女性にとって、早産のリスクなど悪影響が出てしまいますので、妊婦の喫煙は特に注意しましょう。

あそこの臭いの対策方法は?

あそこの臭いの対策方法には、様々なものがあります。
自己流で行ってしまうと、逆に悪影響を及ぼしてしまうこともあるため、注意しましょう。

膣内と膣外のケア方法がある

膣外のケア方法

基本的な膣の臭いをケアするため、デリケートゾーン専用ソープがあります。

普通のボディソープでは、刺激が強すぎるため、デリケートゾーン専用ソープを使用しましょう。

デリケートゾーン専用ソープでケアをすることで殺菌効果・防臭効果・美容効果などの効果を見込めるものがあり、臭いの解消が望めます。

>>デリケートゾーンケアグッズを見る

膣内のケア方法

膣内は、デリケートゾーンの中でも、よりデリケートです。
洗い方を間違えてしまうと、傷がついてしまったり、ばい菌が入ってしまったりすることもあります。
デリケートゾーン専用ソープでは、膣内を洗浄するには、こちらも刺激が強すぎてしまいます。

オススメするのは、膣内専用のソープや膣内洗浄剤です。
市販されている場合もあれば、通販で購入できる場合もあるため、しっかり見極めて購入してみましょう。

タバコは膣内に症状が出やすい

ここまで読んでみて、タバコを吸うことは、膣内に症状が出やすくなってしまうことが分かったと思います。
臭いだけではなく、性病にかかっている可能性も否定できません。
さらに、受動喫煙も大変危険な影響があり、タバコは百害あって一利無しということを、覚えておいていただきたいです。

膣内のケアは関連記事をご覧ください。

詳しい膣内のケアについては、関連記事を是非参考にしてみてください。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です