デリケートゾーン臭い対策石鹸比較おすすめランキング結果発表

【あそこの蒸れ】VIO脱毛とデリケートゾーンのニオイの関係性

アンダーヘアの臭いでお困りの女性は多いのではないでしょうか?アンダーヘアの臭いには様々な原因があり、アンダーヘア自体が臭ってしまう場合もあれば、毛穴や皮脂のせいで臭ってしまう場合もあります。そこで正しいケアをすることで、臭いを抑えることができます。

アンダーヘアには、実は役割があります。けれど、いっそ無くしてしまった方が楽と考えて、間違った自己処理をしてしまっては大変危険です。この記事では、アンダーヘアの臭いの原因や、臭い対策について紹介していきます。是非参考にしてみてください。

アンダーヘアがある理由

そもそもアンダーヘアはなぜあるのでしょうか?アンダーヘアは脱毛箇所として人気パーツであり、欧米ではアンダーヘアを処理するということがマナーとして広がっています。

余分で無駄とも思えますが、アンダーヘアには2つの役割があると考えられています。

アンダーヘアのクッション性はデリケートゾーンを守ってくれる

大事な性器部分を守るという役割です。アンダーヘアがクッションの役割を果たしているという考え方です。思わぬ衝撃から身を守ってくれます。

アンダーヘアはフェロモンを発する

フェロモンを出すという役割です。汗をかいたら髪の毛からふわっと地肌の香りがします。さらに、汗をかくと脇が臭うといったように強く体臭を感じます。
しかし、この体臭やフェロモンの香りがひどくなってしまうと、悪臭・臭いの原因となってしまいます。

アンダーヘアの臭いの原因

アンダーヘアは蒸れやすくばい菌や雑菌が増えやすい環境にあります。アンダーヘアが生えている毛穴に皮脂がたまり、臭いがしてしまうこともあります。さらに、アンダーヘア自体に汚れがついてしまい、臭いの原因となってしまうこともあります。

アンダーヘアによってデリケートゾーンが蒸れる

髪の毛も汗をかいてしまうと蒸れて、汗臭くなったり地肌の臭いがしたりします。アンダーへアはなおさら蒸れやすい環境にあるのです。下着の中は密室・密閉空間であり、常に汗をかいている湿度の高い状態です。

夏だけ汗をかいていると思いがちですが、冬でも汗をかきます。アンダーヘアは常に汗をかきやすい状態なので、臭いもキツくなってしまいがちです。蒸れやすい・湿度の高い状態では、ばい菌や雑菌が繁殖し、より臭いを放ってしまいます。

アンダーヘアの毛穴に皮脂が溜まってデリケートゾーンが臭くなる

毛穴に皮脂が溜まってしまうと、正常に代謝が出来なくなってしまいます。この皮脂というのは、臭いの原因となります。何日も髪を洗わなかったり、お風呂に入っていないと、体から臭いがしてきませんか?皮膚が脂っぽくテカってきてしまい、この皮脂が臭ってしまうのです。

詳しく説明すると、皮脂そのものが臭うというわけではなく、皮脂が酸化することで臭いが出てしまいます。この皮脂は、当然性器部分にもあります。アンダーヘア部分にも皮脂は溜まってしまい、毛穴が詰まってしまいます。女性は特に、生理前にはホルモンバランスが乱れ、皮脂の量が多くなってしまいます。中には、アンダーヘアの部分にニキビができてしまうこともあるので気を付けましょう。

アンダーヘアに尿や便がついて不潔になっている

トイレの後、しっかりとトイレットペーパーで拭いたつもりでも、尿の拭き残しがアンダーヘアについてしまっていることがあります。臭いの中に、アンモニア臭の存在があったのなら、それは毛に尿がついているからかもしれません。

毛に尿がついてしまうのは仕方が無いことです。だからといって拭き残しがないように、トイレットペーパーでゴシゴシ擦ってしまうと、性器に傷がついてしまうことがあります。ある程度拭いたら、入浴の時にデリケートゾーン専用のソープを付けると、殺菌効果・消臭効果が期待できるのでオススメです。

デリケートゾーンの蒸れを解消するアンダーヘアのお手入れ方法

アンダーヘアのお手入れ方法について、専用石鹸を使う・カットする・脱毛する、という3つの方法を紹介していきます。

デリケートゾーン専用石鹸を使う

デリケートゾーン専用の石鹸はたくさんあります。どれがいいんだろう?と迷ってしまう人も多いかと思いますが、効果や香りなどに注目すると選びやすいかもしれません。殺菌効果・消臭効果はもちろんのこと、美容効果も含まれている石鹸もあります。いくら、見えない部分とは言え、デリケートゾーンも美しく保ちたい女性は必見です。詳しくは過去記事を参照してみてください。

おすすめのデリケートゾーン石鹸人気ランキング

アンダーヘアをカットしてデリケートゾーンの蒸れを解消する

アンダーヘア専用のカミソリやシェーバーで、アンダーヘアを自分でカットするという方法があります。ヘアの量が減ることで、必然的に臭いも抑えることができます。普通のカミソリで剃ってしまったり、毛抜きで抜いてしまったりすると、性器部分に傷がついてしまうこともあります。カット直後にはチクチクしてしまい、痛みを感じることもあるので、なるべく専用のものを使用することをオススメします。

脱毛サロンに通って綺麗にアンダーヘアを処理する

脱毛ときくと、腋毛・すね毛・腕毛などを思い浮かべる人が多いと思います。実は、脱毛の人気パーツトップ3に、アンダーヘアの脱毛が入っています。アンダーヘアを全部無くす、いわゆるパイパン状態にするというわけではありません。毛量の調整や、範囲を狭めることもできます。

アンダーヘアは、Vライン、Iライン、Oラインに分けているサロンが多くあります。Vラインは、ショーツの外側にはみ出す、性器よりも外側の部分を指します。Iラインは、Vラインよりも内側で、性器から肛門までの部分を指します。Oラインは、肛門周りのヘア部分を指します。

恥ずかしいと感じてしまいがちですが、脱毛サロンは女性スタッフばかりで脱毛経験者がほとんどです。相手はプロで気軽に相談に乗ってくれるので、アンダーヘアの処理が面倒くさいという方には脱毛することもオススメです。

人気の脱毛サロンはコチラ

アンダーヘアの臭いの対策

アンダーヘアの臭いの原因が分かったところで、次は臭いの対策をしていきます。間違った対策やケアをすると、悪化してしまったり悪影響を及ぼしてしまったりすることもあるため、注意しましょう。

蒸れないようにする

前の項目でも述べましたが、蒸れは臭いの天敵です。蒸れないようにするには、どうすればいいのでしょうか?まずは、通気性の良い下着を身に着けるようにしましょう。下着はデザインで選ぶことが多いかもしれませんが、素材がとても大切です。今では、可愛いデザインでなおかつ通気性の良い素材といった、デザイン性と実用性を兼ね備えている下着もたくさん売っています。

オリモノを気にしてナプキンを使用している女性もいるかと思いますが、不用意にナプキンを使うことが、蒸れの原因となってしまうこともあります。ナプキンも生理用のナプキンではなく、オリモノ専用のナプキンを使うことで、蒸れを最小限に抑えることができます。

最近では布ナプキンも注目されているので是非チェックしてください。

人気の布ナプキンのメリットと紙ナプキンを比較してみた。人気の布ナプキンのメリットと紙ナプキンを比較してみた。

清潔に保つ

毎日の入浴時に、下着は毎日変えているかとは思います。ですが、性器部分は蒸れやすく汗をかきやすく、皮脂が溜まりやすい状態です。いつもよりも臭いがキツイ・スポーツをして汗をかいてしまったなど、臭いがしそうと思われるときは、すぐに下着を変えましょう。さらに汗をかくと予想されるときは、替えの下着をもっていくことも一つの方法です。

入浴の際、性器を洗うことも大切です。しかし、ここでいつも使っている全身用のボディーソープを使ってしまうことは危険です。ボディーソープは、性器部分に対しては刺激が強い場合があります。アンダーヘア専用のソープや石鹸を使い、丁寧に優しく洗いましょう。

密封されたデリケートゾーンの蒸れの予防方法

デリケートゾーンは、手や足のように露出することはありません。

露出する機会があるとしたら、トイレ・着替え・お風呂などです。

パンティーなどの下着や、生理中はナプキンなど、常に何かが密着している状態です。

よって、デリケートゾーンというのは密閉空間でありながら汗をかきやすい場所であるため、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

締め付け感をできる限り減らす

蒸れやすい、汗をかきやすいデリケートゾーンの状態を解消するためには、締め付け感をできる限り減らすようにしましょう。

締め付け感のあるパンツスタイルや、スキニージーンズのようなジーパンは避けましょう。

できるだけ、通気性のいい素材や下着を着用するだけで、風通しがよくなります。

どうしてもストッキングやタイツを履かなければいけない場合もあると思いますが、夏用のものを着用すると、サラサラして蒸れにくくなります。

布ナプキンを使うことで蒸れを解消する

生理中やオリモノが気になるときは、ナプキンを使用しますが、一般的には紙ナプキンを選ぶ人がほとんどです。

ですが、最近では布ナプキンの人気がじわじわと広がってきています。

布ナプキンは、再利用できるため経済的でエコです。

さらに、オーガニック素材や天然素材のものが多いため、肌に優しく敏感肌の人にもオススメです。

紙ナプキンの場合は、含まれている化学繊維と肌が合わないという人もいるため、かみゆや蒸れの原因となってしまいます。

デリケートゾーン専用の制汗剤を使う

汗そのものをかかなくするということは不可能です。

汗を抑えるということが大切で、汗が多い場合は定期的に拭き取ることが大事です。

汗はすぐに拭きとる必要性があり、汗が残ってしまうと皮脂が酸化して臭くなってしまいます。

先ほど紹介したイビザデオドラントは、デリケートゾーンのために開発されたスプレータイプの商品です。

使い方は簡単で、臭いが気になる部分に直接スプレーをプッシュします。

乾いたら下着を履くだけというお手軽な所もオススメです。

>>イビサデオドラントを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です