2017/05/04

生理前のあそこの臭い対策

 

生理前にあそこが臭ってしまう、何とかしたい!と気にしている女性は多いのではないでしょうか?

間違った方法で対策をしてしまうと、臭いが治らなかったり、ひどくなってしまったりすることもあります。

生理前にあそこが臭ってしまう原因や、正しい対策方法について詳しく説明していきます。

なんで生理前にあそこが臭くなるの?

生理前に臭くなるのはなぜ??

どうして生理前にあそこが臭くなってしまうの?

生理前は女性の体が大きく変化します。体温が上がる、急な眠気がくるなど体に負担がかかることもあります。

皮脂の増加・汗や雑菌の影響・ホルモンバランスの変化など様々な原因が考えられます。

わきの匂いが変わったりおならの匂いが変わったりするのかという疑問も湧いてきますね。

生理前にあそこが臭くなる原因について詳しく解説します。

ニキビがサイン、皮脂の増加が影響している

生理前にニキビができてしまうというのはよく聞く話です。

皮脂が過剰に分泌され量が増え、毛穴に皮脂が詰まることでニキビができます。

ニキビと同じように性器やあそこの部分にも皮脂は溜まってしまうのです。

あそこのテカテカ脂っぽい様子を想像すると、なんだか臭ってきそうに感じませんか?このテカテカの部分が皮脂なのです。

皮脂が性器に溜まってしまうと、あそこから臭いがしてしまいます。さらに、皮脂が酸化してしまい、キツく臭ってしまうのです。

皮脂が酸化する原因

皮脂が酸化する原因の一つとして、ストレスが原因で発生する活性酸素が深く関係しています。

生理は気付かないうちにストレスを感じさせている可能性があり、生理とストレスと臭いの関係は深いです。

生理前にストレスを感じ、発生した活性酸素が皮脂腺から過剰に分泌された皮脂を酸化させ、臭いを発しているということです。

その結果分泌された皮脂は強い悪臭を放ちます。

汗と雑菌が影響している

汗と雑菌が関係している?
生理前だからといって汗を特別かきやすくなってしまうわけではありません。

しかし、皮脂は溜まりやすい状態になっているので、注意が必要です。

汗が皮脂によってうまく分泌できずに、臭いが溜まってしまうことがあります。

さらに、生理前にはおりものが増えてしまいます。

おりものが増える原因について詳しくは次の項目で述べますが、おりものによって雑菌が増えてしまいます。

下着にオリモノがつき、湿った状態になります。

ジメジメした状態は雑菌にとって住みやすい状態で、増えやすい環境です。

通気性には十分に気を配りましょう。

おりものが影響している

生理前になると必然的におりものの量が増えてしまいます。

月経周期は、卵胞期~排卵期~黄体期となります。この黄体期が生理前~生理の時期になります。

生理前には、おりものの量が増加し、さらには臭いもキツくなります。

おりものの質感や色、臭いも様々なものがあります。

どろっとしたおりもの、サラッとしたおりもの、人によって違います。

色は白っぽいものが正常なのですが、黄色っぽかったり、緑っぽいオリモノの場合は、性病の場合もあるので注意が必要です。

さらに、臭いが腐ったような臭い・アンモニア臭・酸っぱい臭いなど、臭いによって考えられる性病の種類もあるため、注意しましょう。

オリモノによる性病については、詳しくは過去記事を参照ください。

ホルモンバランスの影響

生理中にホルモンバランスは乱れ、とくに卵巣からでる女性ホルモンが体に強く影響します。
卵巣から出る女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、生理中にはこの分泌量の変化が非常に大きくなります。

例えば、皮脂が増える原因は、生理中におきる女性ホルモンバランスの変化で起こり、エストロゲンというホルモンが減ることで、皮脂を抑えることができなくなってしまい、皮脂の量が増えてしまいます。
この皮脂量が増えることで、臭いにも繋がっていきます。

経血が影響

生理のとき出てくる経血、どんなイメージがありますか?生臭い・アンモニア臭・とにかく臭い、実はこのイメージは間違っていて、生理の経血自体は無臭です。
しかし、この経血がナプキンや下着についてしまい、酸化が起こります。

そして群れて雑菌が繁殖しやすくなります、これによりあそこから臭いがしてしまうのです。

ナプキンが原因で蒸れる

ナプキンは、オリモノや経血などあそこから出る排泄物を受け取る役割があります。
ですが、このナプキンは蒸れの原因となってしまうこともあります。
ナプキンは蒸れにくい構造になってはいますが、それでも常に布や繊維が下着についている状態なので、密集して蒸れは起こってしまいます。
ナプキンの蒸れが特に気になる場合は、布ナプキンを使って見るというのも一つの改善方法です。
群れが原因かもしれないと思い当たるなら布ナプキンについての記事をご覧ください。

汗・おりもの・経血・皮脂などがついて汚れてしまっているナプキンが蒸れてしまい、臭いが充満してしまいます。
ナプキンもこまめに取り替えて清潔な状態にしましょう。

生理前は体臭もきつくなる

前述したように生理前には皮脂やホルモンバランスによる体の変化が起こります。
もちろんこの生理前のニオイはあそこの臭いだけでなく脇などの体臭にも関係します。
なぜ臭くなるのかということをしっかり理解しておけば対策方法は簡単です。

性感染症の場合もアリ

個人差がありますが生理前には体のバランスが崩れることで抵抗力が下がる場合があります。
症状が出ない性感染症がありますが、生理前の抵抗力が弱った際に性感染症が発症してしまう場合もあるので注意が必要です。

対処法

生理前のあそこの臭いに対しての対策法を紹介します。
デリケートゾーン専用石鹸など、オススメの商品などを紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

乳酸菌を摂取する

善玉菌や悪玉菌という言葉を聞いたことはありませんか?乳酸菌の一つであり、腸内環境を整えてくれます。
名前を聞く限り、善玉菌が増えれば良くて、悪玉菌が増えれば悪いと思いがちですが、どちらの菌も両方バランスを取って存在しています。
この乳酸菌は、腸内環境だけではなく膣内環境も整えてくれるので、乳酸菌を摂取することをオススメします。

生活習慣を見直す

生理前は、臭いだけではなく何かと体に異変をきたしやすくなります。
PMSと呼ばれる生理前月経症候群が起こり、イライラする・オリモノが増える・肌があれる・頭痛がする・下腹部痛がおこるといった、不調が起こってしまいます。

身体を温めて過ごす、寝不足を治す、食生活を改めるといったように、生活習慣を見直すだけで、PMSや生理前の臭いには効果的です。
さらに、生活習慣を見直すことは、生理前だけではなく健康にとっても良いものになります。

陰部、アンダーヘアの臭い対策を普段からしておく

生理前にだけニオイの対策をするわけではなく、普段から陰部やアンダーヘアのニオイ対策をしておくことで、生理前のニオイも抑えることができます。
是非アンダーヘアの対策もご覧ください。

デリケートゾーン石鹸で清潔に保つ

デリケートゾーン専用の石鹸で清潔に保つことで、殺菌効果や消臭効果が期待できます。
通常のボディーソープで洗ってしまうと、刺激が強すぎてヒリヒリしてしまったり、必要な菌まで洗いながしてしまうことがあります。

オススメのデリケートゾーン石鹸を紹介しています。
過去記事を参考にしてみてください。

間違った膣洗浄や膣内洗浄は危険

においが気になるからといって膣洗浄や膣内洗浄をすると、事態を悪化させてしまうことがあります。
膣洗浄には正しいやり方があるのです。
弱酸性の石鹸や膣内洗浄剤でも刺激が強すぎて、子宮内膜を傷つけたり、自浄作用を低下させたり、膣炎の原因になる場合があるので注意が必要です。
正しい膣洗浄についてはこちらの記事をご覧ください。

 

Copyright© あそこの臭いラボ , 2016 All Rights Reserved.