デリケートゾーン専用石鹸ランキングはココをクリック

ベセルナクリームで尖形コンジローマを治療中に臭いと思ったらコレ!

ベセルナクリームで尖形コンジローマを治療中に臭いと思ったらコレ!

尖形コンジローマはヒトパピローマウイルスによって、皮膚にイボのようなものができてしまう性病です。

ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんの原因にもなると言われているので、早く治ってほしいですね。

尖形コンジローマを治療するにはベセルナクリームを1日おきに塗り、イボがある部分の免疫を高めていく訳ですが、その際にデリケートゾーンが臭くなってしまう事があるようです。

ここでは、尖形コンジローマ治療中にあそこが臭くなってしまう原因と対処法についてご紹介致します。

臭くなってしまう原因

通常、尖形コンジトーマは臭いがしない性病です。

では、なぜ臭くなってしまうのでしょうか?

それは、ベセルナクリームを使う事が大きく関係しています。

ベセルナクリームを洗い流す際の石鹸が臭いの原因

ベセルナクリームは非常に強い薬剤で、塗った部分が荒れてしまう人も多い薬です。

この薬は1日おきに塗り、塗った直後から10時間程度経過したら洗い流すと医師から説明されるかと思います。

あなたは洗い流す時にボディソープや石鹸を使用していませんか??

デリケートゾーンの肌は非常に敏感で、ボディソープや石鹸を使用して洗ってしまうと免疫力の低下や肌荒れを招きます。

なぜなら、デリケートゾーンの皮膚はとても薄いので、通常の石鹸やボディソープでは洗浄の力が強すぎるからです。

ベセルナクリームを塗って塗った部分の免疫を高めているのに、他の部分や膣内の免疫が下がってしまっては本末転倒です。

いつも使っている石鹸やボディソープを使っていた方には対処方法をご紹介致します。

臭いの対処法

ベセルナクリームを洗い流す際にはデリケートゾーン専用石鹸を使い洗い流す事でトラブルを防ぐ事ができます。

デリケートゾーン専用石鹸はデリケートゾーンを洗浄する為に作られたもので、肌に対する刺激が非常に弱いものです。

しかし、洗浄力はしっかりあるので安心してください。

デリケトゾーンに必要な菌は残して、洗い流さないといけない菌のみを洗い流してくれます。

ベセルナクリームを洗い流す時にオススメの石鹸は2種類あります。

石鹸タイプのシークレットレディジャムウソープと泡タイプのイビサソープです。

泡タイプのイビサソープはお風呂に放置していても溶けたりしませんのでイビサソープのほうがオススメです。

ランキング2位のピーチジョンのオイルはベセルナクリームを洗い流すのには適していないのでご注意ください。