デリケートゾーン臭い対策石鹸比較おすすめランキング結果発表

【お肌に優しい】デリケートゾーン臭いケアの方法とおすすめの石鹸

【お肌に優しい】デリケートゾーン臭いケアの方法とおすすめの石鹸

当サイトが取った統計で、デリケートゾーンの悩みを抱える女性の中で最も多いのが、デリケートゾーンの痒みです。デリケートゾーンの痒みは蒸れや皮脂、細菌などが原因で起こっている事が多いです。

さらに、デリケートゾーンの痒みと臭いは非常に関連が深く、痒みがある人は臭いがきつくなりやすい、臭いがある人は痒みが出やすいという特徴があります。

リゼクリニックさんが調査したデリケートゾーンのトラブルについての結果も見つけました。

デリケートゾーンのトラブル

引用元:prtimes

デリケートゾーンの毛と蒸れ、かゆみ、臭いには特に深い関係があり、どれも臭いがきつくなってしまう可能性を秘めています。すでに臭いについて悩まれている方の場合、前述したもののどれかに当てはまるという方も多いのではないでしょうか。

良い口コミ

デリケートゾーンの痒みと臭いの原因が毛と雑菌や皮脂だと知ったので毛のお手入れとデリケートゾーンケアをしてみました✨

デリケートゾーンケアは専用の石鹸を使って挑戦しましたが、私の場合は臭いがかなり軽減されました。それと同時に毛のお手入れもしているので蒸れもなくなりましたよ😄😄😄

人から見えない部分でもお手入れは必要なんだなと実感しました😭😭😭

お肌に優しいデリケートゾーンケアをする必要性

お肌に優しいデリケートゾーンケアをする必要性

デリケートゾーンはお肌の中でも特に傷つきやすくデリケートな部位です。そして、出産という大事な役割を果たしてくれる大切な部位でもあります。

デリケートゾーンは普段からケアをしておかなければホルモンバランスが崩れた時や細菌が入った時に悪臭の原因やかゆみの原因となってしまいます。

デリケートゾーンが臭くなった時にボディソープなどで洗浄して、しみてしまった経験などはないでしょうか?これは、必要以上にお肌が傷んでしまっている証拠で、デリケートゾーンは些細な事でも傷んでしまうので慎重にケアを行う必要性があります。

市販の石鹸などでデリケートゾーンを洗ってしまうと洗浄力が強すぎて余計なものまで洗い流してしまいます。このように刺激が強すぎる事でお肌がヒリヒリしたりしみたりしないようにする為にお肌に優しいデリケートゾーンケアをする必要がある訳です。

デリケートゾーンケアの失敗談

デリケートゾーンケアに失敗してしまうと、デリケートゾーン石鹸の副作用が発生してしまいます。基本的に副作用は石鹸を使って洗いすぎた場合に起きてしまいます。

  • ゴシゴシ洗いすぎて肌が痛くなってしまいました
  • ボディソープで洗うと肌がかぶれてしまってヒリヒリしてしまいました
  • 臭いに気を遣い、下着を替えすぎたので洗濯が大変でした

デリケートゾーンケアを失敗しない為に。

デリケートゾーン石鹸の中には洗浄力や殺菌力が協力なものから、弱酸性やオーガニックの天然成分などでお肌にとても優しいものまで幅広く販売されています。

弱酸性の石鹸は子供でも使えると言われているものですし、オーガニックも肌にはとても優しいですよね。もし今までに化粧品などで肌が荒れて、自分が敏感肌だと自覚がある場合はお肌に優しい成分で作られたデリケートゾーン石鹸を使いましょう。

石鹸によっては肌に合わなかった場合の返金保証がついているものもありますよ✨

失敗しないデリケートゾーンにおい石鹸の選び方

デリケートゾーンのにおい対策石鹸を選ぶにあたり、求めていると違う効果のものを買ってしまうと効果を感じる事ができません。ですのであなたが求めている効果や信頼できる成分が含まれているものを選びましょう。

自分に合った効果

デリケートゾーン専用石鹸には下記のような効果を発揮する成分が含まれているものがあります。

  • 臭いを消す効果
  • かゆみを消す効果
  • 黒ずみを美白する効果
  • カンジダを解消する効果

それぞれの石鹸が違う効果を持っているので、あなたが求める効果がある石鹸を使う必要があります。

お肌に優しい成分

デリケートゾーンはお肌の中でも特に傷つきやすい部分ですので、元々肌が弱い方や敏感肌の方は子供でも使えるデリケートゾーン石鹸を使うなど、含まれている成分に気をつけましょう。

オーガニック成分で作られたものや弱酸性のものなど様々なデリケートゾーン石鹸があります。これまで使ってきた化粧品やボディケア用品の中で相性が良かったものに近いものを選ぶといいですよ✨

医薬部外品として認定されている

デリケートゾーン石鹸の中には医薬部外品として認定されているものとそうでないものがあります。医薬部外品とは、含まれている成分の中に国が効果を認めている成分が入っているものを指します。

つまり、医薬部外品に認定されているものは、認定されていないものに比べて効果が期待できるという事になります。石鹸を選ぶときは医薬部外品かそうでないかもチェックしてくださいね。

編集部が厳選したデリケートゾーンにおい石鹸

今回私達がデリケートゾーンの臭い対策石鹸の中から特によさそうなものを5つ厳選しました。これらの石鹸を様々な基準で比較して最もおすすめのデリケートゾーン臭い石鹸を決定しようと思います。これらの石鹸は全て私達が使った上での個人的な感想を紹介しています。また、全ての石鹸で口コミ記事を書いていますので是非そちらもご覧ください。

厳選したこれらのデリケートゾーン臭い石鹸でもそれぞれ特徴があります。デリケートゾーンの臭い対策をしているのに臭いが消えないとか、肌が荒れてしまうという人はもしかしたら選んだ石鹸が悪かったのかもしれませんね。

今回紹介する石鹸の中から是非あなたに合ったデリケートゾーンにおい石鹸を見つけてくださいね😘😘

口コミで比較

デリケートゾーンの臭い対策石鹸をレビューした時にそれぞれの商品の口コミを調査しました。各石鹸のいい口コミと悪い口コミを集めてみましたが、ネット上では見つからなかったものもありました。その商品に関してはアンケートサイトなどを使ってレビューを集めてみました。

イビサソープの口コミ

良い口コミ

最近旦那から加齢臭を指摘され使い始めました。そもそも女性でも加齢臭が出る事があるという事を知らなかった私。初期段階だったようなので1ヶ月イビサソープを使うと臭いはかなり軽減されているようです。今では夫婦揃ってイビサソープを使っています。

ピーチジョンデリケートウォッシュオイルの口コミ

良い口コミ

ピーチジョンの下着を購入した時にプレゼントで付属していました。これまでデリケートゾーンの臭いを気にした事なんてなかったけど、女性としてケアをしたほうがいいなと思い始めました。きっかけを与えてくれたピーチジョンには感謝です☆同棲している彼氏もいい香りがすると言ってくれて嬉しかったです。

アンボーテフェミニーナウォッシュの口コミ

コラージュフルフル泡石鹸の口コミ

良い口コミ

私はコラージュフルフルを使い始めてからスソワキガの臭いが薄くなりました。コラージュフルフルは高校生の私でも買いやすい値段なのでヘビロテしてます。友達にも教えてあげました。

それぞれの石鹸の口コミを少し紹介しましたが、詳しくは各石鹸のレビュー記事で口コミをさらに深堀して調査しています。気になる商品があった場合は是非そちらも参考にしてくださいね。

口コミで比較した結果

口コミで比較した結果、明日花キララさんも愛用しているというアンボーテフェミニーナウォッシュを1番に選びました。

アンボーテフェミニーナウォッシュは多くの芸能人がinstaやtwtterなどで使っていると投稿しています。特に明日花キララさんは職業柄お肌を見せる事が多いのでスキンケアには力を入れておられるのだと思います。さらに臭いなんかもお仕事の相手に臭いって思われたくないから手入れしてしまうのは当然ですよね。

モデルや有名人も愛用しているアンボーテフェミニーナウォッシュは口コミ通りの使い心地でしたよ💖✨

\明日花キララパイセンも推奨/

デリケートゾーン専用石鹸人気おすすめランキング

【デリケートゾーンの臭い対策】デリケートゾーン専用石鹸おすすめランキング

デリケートゾーンの臭い対策石鹸は種類がとても多いので、どの石鹸が人気なのかというのが気になりますよね。当サイトではこれまでに様々なデリケートゾーン専用石鹸を使ってレビューをしてきました😎

ここからは人気のデリケートゾーン石鹸を紹介させて頂きます。是非お気に入りのデリケートゾーン石鹸を見つけてくださいね💖✨

1位 イビサソープ

イビサソープ

  • 汗や雑菌を効率的に除去してくれる
  • 今だけ!!初めての購入なら単発購入でも3970円(通常5800円)
  • さらにお得な定期コースは初回3470円、2回目以降3970円で超お得

イビサソープはコスパこそ他の石鹸に劣るものの、洗浄力はナンバーワンの最強デリケートゾーン石鹸です。特に、医薬部外品として厚生労働省から認可されているのが信頼性が高まる部分です。

定期コースの最低継続回数は2回ですが、肌のターンオーバーの周期を考えると最低2ヶ月はイビサソープを使用して効果を確かめたいところです。そして、最低2ヶ月使用しなければいけない定期コースですが、肌に合わなかった場合は28日間の返金保証が適用されます。

2位 コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸

  • カンジタなどが原因となる臭いにもぴったり
  • 泡石鹸の中で圧倒的なコスパ
  • 無香料が大好きな人には断然おすすめ

3位 ピーチジョンデリケートウォッシュオイル

ピーチジョンデリケートウォッシュオイル

  • 純国産・無農薬の自然由来成分を95%以上使用
  • 臭いの元となる皮脂や角質をオイルで浮かせて除去する
  • 定期購入は毎回3150円で初回のみでの解約もオッケー

デリケートウォッシュオイルはローズ系の香がお風呂に香るのでセレブ気分の入浴が味わえます。

ピーチジョンが女性の事だけを考えて開発したデリケートゾーンケアオイル。

4位 アンボーテフェミニーナウォッシュ

アンボーテフェミニーナウォッシュ

  • 98%がオーガニック(世界基準のCOSMOS認証取得)で、自然派ナンバーワン!!
  • 定期購入は初回3980円、2回目以降4480円
  • お得な定期購入は初回のみでの解約オッケー

5位 シークレットレディ ジャムウソープ

シークレットレディジャムウソープ

  • コスパ良のデリケートゾーン石鹸(1955円、1日約65円)
  • ハーブ系の香りでリラックス効果が◎
  • 当サイト編集部でも肌のハリが取り戻せると話題に。

デリケートゾーンケアをこれから始めたいけどどの石鹸を使えばいいのかわからない方が、まず始めに使うべき石鹸です。定期購入は初回のみの解約オッケーで、尚且つ2000円以下でデリケートゾーンケアが試せるという優れもの。

当サイトでも実際に使用してみましたが是非使って欲しい石鹸ナンバーワンです。

デリケートゾーンケアグッズまとめ

 イビサソープコラージュフルフルデリケートウォッシュアンボーテジャムウソープ
商品画像コラージュフルフル泡石鹸ピーチジョンデリケートウォッシュオイルアンボーテフェミニーナウォッシュシークレットレディジャムウソープ
効能
臭い・にきび・かゆみ
臭い・にきび・かゆみ・カンジタ
臭い
臭い
臭い・黒ずみ
香り
がっつり柑橘系
無香
ほんのりローズ系
ほんのりシトラス
がっつりハーブ系
コスパ
(1日あたり)
88円
62円
66円
132円
65円
価格3970円1944円3150円3980円1955円
コメント4つの中でも最も多くの効能があり、洗浄力ナンバーワンの石鹸です。唯一カンジタにも使えるのがコラージュフルフル泡石鹸。香りが苦手な人にもおすすめ。塗って待つタイプなのでお風呂の中がローズ系の匂いになり、セレブ気分が味わえます。唯一オーガニック系で素材にこだわるなら、コスパは悪いが自然派にはオススメです。コスパナンバーワンの固形石鹸。まずは試してみたいならこれ。初めてでも安心。
オススメ度55433
公式サイト公式HP公式HP公式HP公式HP公式HP

コスパナンバーワンのコラージュフルフル泡石鹸がおすすめ

コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸

デリケートゾーンケアをこれから始めたいけどどの石鹸を使えばいいのかわからない方が、まず始めに使うべき石鹸です。定期購入は初回のみの解約オッケーで、尚且つ2000円以下でデリケートゾーンケアが試せるという優れもの。

コラージュフルフル泡石鹸は【カンジタが原因のかゆみや臭い】にもおすすめですし、【洗顔として使うとニキビの予防にもなる】優れものの石鹸です。泡噴射タイプなので泡立てる必要もありませんし石鹸自体の伸びも十分なので洗い心地はかなり良いです。定期購入の縛りがないのでお手軽に試すことができるので【デリケートゾーンケア初心者におすすめの石鹸】ですよ。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンの臭いが気になってしまう、洗っても汚れが落ちている気がしない・・・

あなたは、デリケートゾーンの正しい洗い方を知っていますか?実は、デリケートゾーンの洗い方を適当にやってしまうと危険です。デリケートゾーンのお手入れを怠ってしまうと、肌荒れが起こってしまったり、免疫力が下がってしまったり、臭くなってしまったりと様々な症状が起こりやすくなってしまいます。

デリケートゾーンを洗う理由、デリケートゾーンの正しい洗い方などについて詳しく説明していきます。意外と簡単にできることもたくさんあるので、是非参考にしてみてください。

デリケートゾーンは必ず手で洗いましょう

デリケートゾーンを洗うときは、基本的には手で洗いましょう。手で洗うことで、感覚をリアルに感じることができ、力加減も調節しやすいからです。

デリケートゾーンの皮膚はとても薄くデリケートなので、優しく丁寧に洗わなくてはすぐに傷ついてしまいます。

女性器の皮膚はまぶたよりも薄い

女性器の皮膚は、とても薄くデリケートです。その皮膚の薄さはまぶたよりも薄いと言われているほどです。

まぶたよりも薄いデリケートゾーンの皮膚は、間違ったケアをしてしまうと簡単にダメージを受けてしまいます。

女性器と一言にいっても、様々な部位があります。女性器は大きく分けると、外側と内側に分かれています。

この外側の部分は外性器と呼ばれ、尿道口やクリトリスなどがあります。内側の部分は内性器と呼ばれ、子宮や卵巣などがあります。

詳しい性器の名称は以下をご覧ください。

内性器には膣、子宮、卵管、卵巣が該当します。

このうち美容外科で行う婦人科形成が関わるのは膣です。

大陰唇、小陰唇、クリトリス、クリトリス包皮、尿道口、膣口、処女膜などが該当します。

股間や女性器部分を洗うときは、優しく丁寧に洗うことが基本です。女性器はとても複雑なので、どこまで洗えばいいのかと迷ってしまうかもしれません。

外側から内側にかけて、徐々に洗うようにしましょう。

女性器の正しい洗い方

デリケートゾーンの正しい洗い方

洗うときのポイントは2つあります。

毎日のケアがとても大事です。決して手を抜かないようにしましょう。

市販のボディーソープを使わない

市販のボディーソープは体表面の汚れを落とす分には問題ありません。
しかし、女性器に対して使用してしまうと、刺激が強すぎるため、肌荒れなどの原因となってしまう可能性があります。

たとえ弱酸性でお肌に優しいと書いてあっても、それは膣には洗浄力が強すぎる場合がほとんどです。

洗浄力が強すぎることで膣内の自浄作用の低下や抵抗力の低下などが起き、性感染症のリスクが上がることもあるので注意してください。

今、市販のボディソープで女性器を洗っているなら、デリケートゾーン専用のソープやデリケートゾーン用石鹸が販売されているので、気になる場合はそちらを使用してみましょう。

除菌効果・消臭効果・美容効果など、様々な効果があるので、自分好みのものを探してみて下さい。

擦らずに洗う

女性器部分は普段から摩擦が多く起こっています。

歩いているだけで、下着と女性器には摩擦が起こり、排泄後にトイレットペーパーで拭くことでも摩擦が起こります。

このような摩擦は、実はとても負担がかかっています。

摩擦で皮膚は疲弊してしまい、擦りすぎてしまうと傷がついてしまうこともあります。

臭いが気になるからと言って、ゴシゴシ入念に洗ってしまうと逆効果です。

ソープの種類にもよりますが、基本的にはモコモコに泡をたてて、手やタオルで擦るのではなく泡で洗うようにしましょう。

膣外、膣内共に、摩擦による肌の傷みで、かゆみの原因にもなりますのでご注意ください。

赤ちゃんがお腹にいる時(妊娠中)に膣内を洗うのは危険?
どのような場合でも膣内洗浄は身体にとってマイナスしかありません。

妊娠が理由でデリケートゾーンが臭くなることもありますし、性病などのように、他の要因も考えられます。

一番怖いのは、性病に感染していた場合です。

もし臭いが気になるから膣内洗浄をしたいという場合は、かかりつけの産婦人科に相談しましょう。

一般的に妊娠中でもセックスをしてもいいと言われています。

しかし、出血がある場合など、様子がおかしい場合はセックスはしないほうがいいし、する気も起こらないでしょう。

膣内の洗浄は、妊娠中でない場合でもしてはいけませんので注意してください。

もし、日々のケアを怠っていた自覚があるのならば、これをきっかけに考え直してみるのもいいでしょう。

ビラビラの部分などもしっかりと丁寧に洗う

膣と呼ばれる部分の外側を総称して外陰部と呼びます。

膣の入り口には、ビラビラしたひだのような部分があります。
このひだの部分は、小陰唇と呼ばれ大きさや形は人それぞれです。

小陰唇には、恥垢といって白いカスのようなもの(マンカス)が溜まりやすくなります。
この恥垢をしっかり洗い流さないと、臭いが出てしまったり、汚れのせいでばい菌が溜まってしまいます。

この恥垢を取ろうと必死になって、爪を立てて擦ってはいけないので注意しましょう。

前述したように、泡で優しく洗い流すようにしましょう。

ここで、ゴシゴシ洗ってしまうとデリケートゾーン専用ソープでも、摩擦によるダメージを肌に与えてしまいます。

デリケートゾーン石鹸によっても使い方が違う

デリケートゾーン専用石鹸は種類がたくさんありますが、大まかな使い方は同じです。しかし、それぞれの石鹸によって効果的な使い方があり、当サイトでレビューしている石鹸についてはそれぞれ効果的な使い方をまとめています。

それぞれの効果的な使い方でデリケートゾーンを洗浄する事でさらなる効果が期待できます。

膣内の洗浄は逆に臭くなってしまう

臭いや汚れの原因となる、カスやオリモノをとりたい気持ちは分かりますが、膣内に指を入れて洗浄すると、爪で傷がついたり、良い菌まで追い出して免疫力が下がってしまう可能性があります。

どうしても膣内洗浄をしたい場合はクリニックへ行くか、膣内専用洗浄剤などで陰部洗浄をしましょう。

オリモノは雑菌が湧かないようにするもの

おりものが出ることは身体の異常なの?
臭いや汚れの原因の一つにオリモノがありますが、オリモノが出てしまうことは、人体の構造上仕方がありません。

実はオリモノには、膣内を正常な状態に保ち、雑菌が沸かないようにする役割があります。

性器部分をキレイにしたい、臭いを無くしたいと思い、隅から隅まで洗いたくなってしまいます。

しかし、膣内の無理な洗浄は危険なのでやめましょう。

膣内は粘膜部分であり、子宮につながる妊娠機能にも関わる大切な部分です。

傷がついてしまったり、ばい菌が入ってしまうと免疫力が下がってしまう場合があります。

オリモノの量が多すぎる、臭いがキツすぎるという場合は、性病にかかっている可能性も考えられます。
自分で判断せずに、気になる場合は医師に相談してみましょう。

デリケートゾーン石鹸は全身に使う事ができる

デリケートゾーン石鹸はとにかく肌への刺激を減らしているので全身のどこへでも使う事ができます。特に臭いが気になる部分の脇や首筋、耳の裏、足の裏、加齢臭などあらゆる臭いに対して使う事ができます。

なぜならデリケートゾーン石鹸の中にはイソプロピルメチルフェノールという有効成分が含まれている事が多く、悪臭の原因となる細菌を殺菌、消毒してくれるからです。イソプロピルメチルフェノールが含まれている石鹸は医薬部外品だけです。

デリケートゾーン石鹸で顔を洗うとニキビ予防になる?

デリケートゾーン石鹸にはグリチルリチン酸ジカリウムという炎症を沈める有効成分が入っているものがあります。デリケートゾーンのニキビ対策になるのはもちろんの事ですが、顔のニキビ対策にも有効的です。

毎日デリケートゾーン石鹸で顔を洗えば清潔な状態になるのでニキビの発生を抑える事ができます。

デリケートゾーン石鹸の使い方

デリケートゾーン石鹸の大まかな使い方はどれも同じです。しかし、それぞれのデリケートゾーン石鹸ごとに効果的な使い方がありますので、各ページをご確認ください。